金色のコルダ キャットストリート パフェちっく 有閑倶楽部 ときめきミッドナイト きせかえユカちゃん キラキラ100% ロッキンヘブン 紳士同盟 ルナティック雑技団 スキップビート 天空聖龍 ヴァンパイア騎士 花ざかりの君たちへ ペンギン革命 悩殺ジャンキー キラメキ銀河町商店街 お伽もよう綾にしき スイートブラック デーモン聖典 かな、かも。 龍鳳

金色のコルダ キャットストリート パフェちっく 有閑倶楽部 ときめきミッドナイト きせかえユカちゃん キラキラ100% ロッキンヘブン 紳士同盟 ルナティック雑技団 スキップビート 天空聖龍 ヴァンパイア騎士 花ざかりの君たちへ ペンギン革命 悩殺ジャンキー キラメキ銀河町商店街 お伽もよう綾にしき スイートブラック デーモン聖典 かな、かも。 龍鳳の検索結果


------★女の子専用★ LoveSofaで素敵な出会い♪------

↓★みんな集まるLovesofaで素敵な時間をゲットしよう♪もちろん無料だよ〜★↓

以下 /無料で現金やウェブマネーなどがもらえる/ はこちら↓


金色のコルダ キャットストリート パフェちっく 有閑倶楽部 ときめきミッドナイト きせかえユカちゃん キラキラ100% ロッキンヘブン 紳士同盟 ルナティック雑技団 スキップビート 天空聖龍 ヴァンパイア騎士 花ざかりの君たちへ ペンギン革命 悩殺ジャンキー キラメキ銀河町商店街 お伽もよう綾にしき スイートブラック デーモン聖典 かな、かも。 龍鳳の詳細
Sponsored link

【お得な情報】

※無料で現金やウェブマネーなどがもらえる
げん玉という会員数100万人の大人気ポイントサイト。安心、確実、300円から換金。

げん玉とは
げん玉とはサイトコンテンツにてポイントを貯めていき、そのポイントを現金などに換金できるサイトです。げん玉はネット副業初心者の方でも安心・簡単に稼ぐ事ができます。げん玉へ新規登録初日で2000円ほど稼ぐ事もできます。

★登録前のワンポイントアドバイス→げん玉を含めポイントサイトへ登録する際はメール受信数の増加を考え、なるべくフリーメール(Yahooメール等)を利用しましょう。 →Yahoo


【げん玉を攻略】

@登録が終わったらまず「すぐゲッチュ!」のコーナーへ行きます

ここのコーナーは0〜5分くらいでポイントが反映されるのですぐ貯めやすいです そんなに多い量ではないので全部登録できると思います

約1時間後

Aこんな感じになります

10p=1円計算なので1時間でおよそ2000円分のポイントを稼ぐことができました。


又、トップページにあるサービス一覧を見ると数百個のサービスがあります

この中の半数以上は無料会員登録なのでそれら全部に登録したらかなりのポイントを得ることができる様です

(私の某友人は実践してランキング上位に載るほどポイントを集めていました)

なので毎日何十個登録する、と決めて何日間かやると良いようですね


【こちらも安心、おすすめ無料ポイントサイト 案件広告も高額還元でポイントを貰えます】
Sponsored link


通販 ショッピング の紹介ファッション 通販 の紹介

ウェブマネーの紹介




 
 


Copyright (C) 2007 moscot All Rights Reserved.

金色のコルダ キャットストリート パフェちっく 有閑倶楽部 ときめきミッドナイト きせかえユカちゃん キラキラ100% ロッキンヘブン 紳士同盟 ルナティック雑技団 スキップビート 天空聖龍 ヴァンパイア騎士 花ざかりの君たちへ ペンギン革命 悩殺ジャンキー キラメキ銀河町商店街 お伽もよう綾にしき スイートブラック デーモン聖典 かな、かも。 龍鳳

金色のコルダ キャットストリート パフェちっく 有閑倶楽部 ときめきミッドナイト きせかえユカちゃん キラキラ100% ロッキンヘブン 紳士同盟 ルナティック雑技団 スキップビート 天空聖龍 ヴァンパイア騎士 花ざかりの君たちへ ペンギン革命 悩殺ジャンキー キラメキ銀河町商店街 お伽もよう綾にしき スイートブラック デーモン聖典 かな、かも。 龍鳳

金色のコルダ キャットストリート パフェちっく 有閑倶楽部 ときめきミッドナイト きせかえユカちゃん キラキラ100% ロッキンヘブン 紳士同盟 ルナティック雑技団 スキップビート 天空聖龍 ヴァンパイア騎士 花ざかりの君たちへ ペンギン革命 悩殺ジャンキー キラメキ銀河町商店街 お伽もよう綾にしき スイートブラック デーモン聖典 かな、かも。 龍鳳

金色のコルダ キャットストリート パフェちっく 有閑倶楽部 ときめきミッドナイト きせかえユカちゃん キラキラ100% ロッキンヘブン 紳士同盟 ルナティック雑技団 スキップビート 天空聖龍 ヴァンパイア騎士 花ざかりの君たちへ ペンギン革命 悩殺ジャンキー キラメキ銀河町商店街 お伽もよう綾にしき スイートブラック デーモン聖典 かな、かも。 龍鳳
金色のコルダ キャットストリート パフェちっく 有閑倶楽部 ときめきミッドナイト きせかえユカちゃん キラキラ100% ロッキンヘブン 紳士同盟 ルナティック雑技団 スキップビート 天空聖龍 ヴァンパイア騎士 花ざかりの君たちへ ペンギン革命 悩殺ジャンキー キラメキ銀河町商店街 お伽もよう綾にしき スイートブラック デーモン聖典 かな、かも。 龍鳳

少女漫画(しょうじょまんが)とは、少女雑誌に掲載されるなど、主たる読者として若年の女性を想定した漫画。 目次 [非表示] 1 概要 2 少女漫画のジャンル 3 少女漫画の歴史 4 少女漫画の現状 5 少女漫画家 6 少女漫画雑誌 7 少女漫画家 7.1 あ 7.2 か 7.3 さ 7.4 た 7.5 な 7.6 は 7.7 ま 7.8 や 7.9 ら 7.10 わ 8 脚注 9 関連項目 [編集] 概要 絵柄としては可愛らしい・綺麗な印象をあたえるものが多い。作品世界の情趣を大切にして背景をリアルに描きこむことはさけ、コマ割りなどを駆使し、人物の感情の流れを重視した演出に優れる。また、動きを表現したり視点を頻繁に変更したりする絵は比較的少ない。ただし一部では青年漫画的な表現や映画的手法を持ち込み、伝統的な少女漫画的表現にとどまらない表現手法を模索する動きもあった。 [編集] 少女漫画のジャンル 少女漫画では何らかの形で恋愛を扱ったものが主流で、ラブコメディ、学園漫画、芸能界を描いた作品などは現在にいたるまで根強い人気がある。オカルト物・ホラー物・ミステリー物の伝統もあり、それを一ジャンルとした専門誌もある。低年齢向けのものでは魔法少女ものが多かった。 ギャグ漫画やスポーツ漫画も古くからジャンルとして確立している。1970年代後半から1980年代にはSF漫画も流行した。 [編集] 少女漫画の歴史 第二次世界大戦後、少女雑誌に連載された漫画が広く親しまれるようになる。1951年には上田としこが『ボクちゃん』を連載開始、1953年には手塚治虫が『リボンの騎士』を連載し、少女漫画にストーリー漫画を導入、このころから少女漫画の人気が高まっていく。 1950年代後半から1960年代にかけては、宝塚歌劇の影響を受けたり、高橋真琴らの少女画からの影響を受け、少女漫画特有の装飾的な表現が発達した。人物背景に花を描きこむ、キャッチライトが多数入った睫毛の長い目などである。先行した少女小説の影響などもあって、美形の男性・男装の麗人などが登場し、華麗なストーリーを展開した。1950年代から1960年代の少女漫画はちばてつやや松本零士など男性作家によって描かれていることが多かったが、水野英子らの女性ストーリー漫画家も早くから活躍し、少女漫画の手法の確立に貢献した。 1970年代に入り、萩尾望都、竹宮惠子、大島弓子、山岸凉子(24年組)土田よしこなど、それまでに無いSF、ファンタジー、ナンセンスギャグ、少年同性愛を描く少女漫画家が出て、少女漫画の世界が一気に広がった。この点においては、柴田昌弘(サスペンス性・SF的要素・メカニック)、魔夜峰央(ミステリー・怪奇・耽美・ギャグ)、和田慎二(主にアクション)など少女漫画デビューの男性作家の貢献も大きい。1970年代後半は、少女漫画が男性読者にも注目された時期であり、少女漫画の影響を受けた絵柄や心理描写が少年漫画にも波及し始めた。 1980年代には紡木たく、吉田秋生といった漫画家が人気を博し、従来の少女漫画的な装飾的表現を簡略化する傾向が強まった。等身大の女性を丁寧に描く作家が多くなり、シンプルな背景にキャッチライトが入らない目の人物像を描く漫画家が増えた。少女漫画読者層の広がりと作家のキャリアが長くなってきていることもあり、ヤング・レディース、レディースコミックが分化した。少年同士の恋愛を描いたボーイズラブも、少女漫画との読者層のズレがおこり、ジャンルとしての分化がはたされた。 また1980年代に入ると、少年漫画にも高橋留美子を皮切りに女性漫画家が進出していくようになる。これによって、人物の心理描写等で少女漫画の手法が少年漫画や青年漫画の世界にも広く波及するようになった。それに伴い少女漫画出身の漫画家の多くが少年誌・青年誌で活躍するようになり、男性少女漫画家は姿を消していった。一方で、過去女性向けではタブーとされていた性描写の過激な作品が増加していった。 1980年代には既に少女が少年漫画を愛読する事は普通の事になり、1990年代には、前述の高橋留美子作『らんま1/2』が数ある少女漫画を抑えて少女の好きな漫画のランキング上位に入り、その傾向を更に強く印象付けた。 [編集] 少女漫画の現状 最近は女性読者の少年漫画・青年漫画への流失や、女性作家が少年漫画雑誌に連載することが多くなったことで、少女漫画界は衰退と対象年齢による細分化の傾向にある。 『のだめカンタービレ』や『ハチミツとクローバー』など、少年漫画に見られない独特の魅力で男性読者や大人の読者を掴んでいる少女漫画も少数ながら存在する。特に矢沢あいの『NANA』は、男性読者や普段あまり漫画を読まない層を読者層に取り込み、2005年度オリコン1位(漫画部門男女)を獲得する等、少女漫画に光を与えた。同時期には『花より男子』がドラマ化され、単行本の売り上げが急増し少女漫画の中でも一番売れた漫画となった。マスメディックス化が近年では多く、『NANA』等が成功例である。原状ではメディア展開に特化した女児向けの作品以外ではアニメーションよりも映画やドラマといった実写メディアの方が盛況であり、『のだめカンタービレ』に続いて、『ちびまる子ちゃん』までもドラマ化される事になった。また後述の『きらりん☆レボリューション』はアニメの他に実写によるPVが製作されている。 また、幼児・小学生(中学年以下)といった低年齢層に該当する女児のみをターゲットにする漫画も『ミルモでポン!』、『きらりん☆レボリューション』などの成功により市場を確立している。ただしこれらはメディアミックス戦略の成功という趣がある。 また、その中間層である小学校高学年〜中学校1・2年生の少女をターゲットにする少女漫画(「りぼん」「なかよし」などに掲載されている作品)は、少女漫画の創生期から『美少女戦士セーラームーン』『ママレード・ボーイ』などが大ヒットしていた頃までは少女漫画界の中心に君臨したにも関わらず、ここ数年間はヒット作が不在な状態が続き、市場も急激に縮小している。現状ではファンタジー設定やアニメ向けの展開は幼稚と取られ、小学生の途中までに卒業し、そのまま中高生向けの作品へ流出する事態が起きている。前述の「花より男子」が少女向けアニメでは失敗したのに対してテレビドラマで大ヒットした事実は原状を象徴していたといえる。 なお、中高生以上をターゲットにする人気作品には、小中学生以下をターゲットにする作品や少年漫画とは違い、掲載誌の売上シェアとの関連性がほとんど無く、雑誌単位の購買よりコミックスでの購買の方が多く、編集サイドにおいても単行本出版ペースを念頭に置いた掲載が成されている模様である。 [編集] 少女漫画家 出版社専属の作家が多数存在するが、この業界は一種のリーグ制を導入している。誰もが望むであろう連載組はわずか1〜2割しかいない。短期連載組1割、その残りが読み切り組につくことになる。不人気なら専属契約を解除される厳しい世界である。少女漫画作品は他のジャンルに比べて、ストーリーの完結性が強く、計算された物語性が要求されるが、「売れる」と認められるのは(内容の質に拘わらず)連載が長く続く作品であり、短編に優れた作者にはまったく不利となる。この不安定な労働条件が、創作意欲の高い作家ほど早く力尽きるといった傾向を生み、日本の漫画界にとって大きな損失になっている。近年では少女漫画家が青年漫画や少年漫画に転向する例も多くみられる。 [編集] 少女漫画雑誌 作品が掲載されている漫画雑誌。詳細は漫画雑誌#少女漫画誌を参照。 [編集] 少女漫画家 少女を対象とする漫画雑誌に作品が掲載されている漫画家を中心に集めてある。 五十音順 [編集] あ あいざわ遥 青池保子 葵みちる 青木琴美 青沼貴子 赤石路代 赤座ひではる 赤塚不二夫 秋里和国 明野みる 秋元奈美 明智抄 あさぎり夕 浅月舞 朝菜きり 朝比奈ゆうや 朝吹まり 芦原妃名子 あしべゆうほ あだち充 亜月裕 亜月亮 阿南まゆき 安孫子三和 あべゆりこ 天原ふおん 飴あられ 彩花みん 彩原その あゆかわ華 あゆみゆい あらいきよこ 新井葉月 有井伊奈 有沢遼 有吉京子 アルコ 安藤なつみ 飯坂友佳子 五十嵐かおる いがらしゆみこ いくえみ綾 征海未亜 池田理代子 池野恋 池ノ上たまこ 池山田剛 井沢陽子 いしかわえみ いしだ彩 石本美穂 和泉明日香 一条ゆかり イチハ 樹なつみ 伊槻ユリナ いなだ詩穂 井上多美子 伊吹楓 今井康絵 今市子 いわおかめめ 岩館真理子 うえだ美貴 うえだ未知 上田美和 上野すばる 内田善美 宇野亜由美 羽海野チカ 海野つなみ 江神ゆうこ 恵月ひまわり えぬえけい 榎本ちづる えばんふみ 絵夢羅 宇佐美多恵 及川えみり 王里恵 おおいま奏都 大詩りえ おおうちえいこ 小桜池なつみ 大岡さおり おおさかけい 大島弓子 大塚由美 大鳥真子 大野のぞみ おおばやしみゆき 岡崎呼人 岡田あーみん 岡本慶子 岡野小夏 岡野史佳 岡野玲子 小椋冬美 織田綺 小花美穂 小原ショウ 折原みと [編集] か 花郁悠紀子(かいゆきこ) 加々見絵里 かがり淳子 樫の木ちゃん 柏ぽち 春日るりか 片岡みちる 加月るか 片桐澪 加藤知子 鹿野しうこ 神尾葉子 神谷悠 かわみなみ 川口まどか 河惣益巳 川瀬夏菜 香村陽子 かるき春 川原泉 河原和音 かわはらなつみ 川原靖子 川原由美子 川村美香 かやまゆみ 神崎裕 菊田みちよ 菊池久美子 岸野奈央子 喜多尚江 北川みゆき 北沢薫 北村有香 木月庭子 木原敏江(きはらとしえ) 木村千歌 樹村みのり きら 桐島つばさ 草川為 草凪みずほ 草野誼 桐生楓 楠本まき 呉由姫 倉橋えりか CLAMP 黒崎みのり 黒乃奈々絵 桑田乃梨子 小泉晃子 古泉由夏 高河ゆん 神坂智子 香村陽子 小金沢めい コゲどんぼ 小坂まりこ 小坂理絵 ことぶきつかさ 寿たらこ 寿らいむ こはく那音 香林ゆうき こはら裕子 小松田わん 込由野しほ 子桃印子 [編集] さ 斎藤けん 冴凪亮 酒井まゆ 坂田靖子 茶木ひろみ 朔野安子 さくらあすか 桜井明子 桜アミュー さくらももこ 佐々木淳子 佐々木倫子 ささだあすか 茶月みきこ 佐藤キリエ 佐藤史生 里中満智子 佐酉沙子 沢田とろ しがの夷織 椎名あゆみ 椎名軽穂 塩森恵子 市東亮子 篠塚ひろむ 篠原千絵 篠有希子(しの ゆきこ) 清水玲子 清水まみ 清水ゆーり 霜月かよ子 庄司陽子 城河かなえ 白沢まりも 白鳥希美 新條まゆ 陣名まい すえのぶけいこ 皇名月 杉崎ゆきる 杉本あきこ 杉山美和子 すずめさえ 巣田祐里子 諏訪緑 瀬戸優菜 園田小波 [編集] た 高尾滋 高口里純 高須賀由枝 高瀬綾 高瀬直子 高田エミ 高月悟里 たかなししずえ 高橋美由紀 高屋奈月 高宮智 武内こずえ 武内直子 竹宮惠子 竹本泉 橘ちひろ 橘裕 立川恵 竜山さゆり たておか夏希 田中美菜子 田中メカ 田辺真由美 谷川史子 種村有菜 田村由美 塚本やよい 月梨野ゆみ 筑波さくら 津田雅美 つだみきよ 椿いづみ 紡木たく 津山ちなみ つわぶき杏 富所和子 遠山えま 苫谷奈央 時計野はり 鳥橋まい [編集] な 長江朋美 なかじ有紀 中条比紗也 中瀬アサキ なかの弥生 中野さや 中原アヤ 中原杏 中村ちま 仲村佳樹 中山星香 なすび絵里 那州雪絵 名取ちずる 七島佳那 七瀬れい 成田美名子 にざかな 西岡ちえ 西野りんご にしむらともこ 二ノ宮知子 猫部ねこ 猫山宮緒 のせじゅんこ 野間美由紀 野村あきこ [編集] は 萩岩睦美 萩尾望都 萩わら子 長谷川潤 波津彬子(はつあきこ) 葉月みどり 葉鳥ビスコ 花森ぴんく 春華あげは 春田なな 林みかせ 半澤香織 柊あおい ひうらさとる ひかわきょうこ 東まゆみ 樋口橘 日高万里 日向まひる 樋野まつり 姫川きらら 日渡早紀 藤井みほな フクシマハルカ ふくやまけいこ 福山リョウコ 藤崎真緒 藤田にみ 藤田まぐろ 藤田貴美 藤村真理 藤原ヒロ 藤原ゆか ほづみ有紀 星崎真紀 細川智栄子 細村誠 [編集] ま 前川涼 前原滋子  槙ようこ 槙村さとる 松苗あけみ マツモトトモ 松本夏実 松本洋子 魔夜峰央 美内すずえ ミキマキ 三咲あや 水上航 水沢めぐみ 水都あくあ 水野英子 水野たま 水野十子 水純あかね 溝口涼子 みつはしちかこ みづほ梨乃 緑川ゆき 宮坂香帆 南マキ みやまあかね 宮脇ゆきの 陸奥A子 村上真紀 めぐ恵 めるへんめーかー 持田あき 望月あきら 望月花梨 望月ぱすた 望月玲子 元原絵里奈 本和歌 桃山あんず もりちかこ もりたじゅん 森田ゆき 杜野亜希 杜真琴 森ゆきえ 森江真子 森川久美 森永あい 森村愛美 森本里菜 [編集] や 八神千歳 八木ちあき 矢沢あい 谷沢直 柳原望 やぶうち優 山内直美 やまざき貴子 山岸凉子(やまぎしりょうこ) 山下和美 山下友美 山川あいじ 山口美由紀 山田デイジー 山田也 山田南平 山田ミネコ 山田ユギ 大和和紀 ユーキあきら 結城さわな 優木なち ゆうみ☆りんく 由貴香織里 雪丸もえ 幸村けいこ 柚木ウタノ 遊知やよみ 吉住渉 吉田秋生 よしながふみ 吉野朔実 芳原のぞみ よしまさこ 吉村明美 米沢りか [編集] ら 羅川真里茂 六本木綾 六花チヨ [編集] わ 和央明 環方このみ 早稲田ちえ 和田慎二 和田尚子 渡瀬悠宇 渡辺祥智 渡辺わかな 渡辺多恵子 [編集] 脚注 [ヘルプ] [編集] 関連項目 少女向けアニメ 女性向けアニメ 少女文化 少女趣味 萌え絵 アニメ・漫画の実写映画化作品一覧 アニメ・漫画のテレビドラマ化作品一覧 少女向けアニメ(しょうじょむけ‐)は主に日本の少女漫画を原作とし、少女が見ることを想定して製作されたアニメの総称。 主な作品は 1970年代 - 『キャンディ・キャンディ』 『ベルサイユのばら』 『はいからさんが通る』 1980年代 - 『パタリロ!』 『ときめきトゥナイト』 1990年代 - 『ちびまる子ちゃん』 『美少女戦士セーラームーン』 『ママレード・ボーイ』 『花より男子』 『カードキャプターさくら』 2000年代 - 『フルーツバスケット』 『わがまま☆フェアリーミルモでポン!』 『NANA』 『きらりん☆レボリューション』 『のだめカンタービレ』 その他の作品は少女漫画関連アニメ作品の年代別一覧を参照のこと。 目次 [非表示] 1 概要 2 変遷 3 販促方法や販促商品の変化 4 脚注 5 関連項目 [編集] 概要 少女漫画原作の作品が多いが、メディアミックスにより少女漫画誌にコミカライズを掲載した作品も含む。小学生以下を対象とした作品や動物などのマスコットキャラクター主体の作品は、より低年齢向けな「女児向けアニメ」の要素を内包するものもある。 [編集] 変遷 1966年の『魔法使いサリー』(第1作)と1967年の『リボンの騎士』の2作が源流といえよう。 1970年代は東映の魔女っ子アニメが台頭していたが、後半時期には男児層の「変身ブーム」に陰りが見えており、キャラクター物の人気に陰りが見えていた。そんな中で1976年に『キャンディ・キャンディ』が誕生し、本格的な「少女漫画原作アニメ」の原点とされる。1979年の『ベルサイユのばら』以降、単発で『はいからさんが通る』(1978年)、『パタリロ!』(1982年)などの様に後世に名作と伝えられる作品をいくらか排出している。ただしこれら作品は魔法少女アニメと異なり、商業展開が確立されているとは言い難い状態であった。1980年代は【魔法のプリンセスミンキーモモ】、【魔法の天使クリィミーマミ】、【とんがり帽子のメモル】などの「オリジナルアニメ」が立て続けにヒットした。 1990年代に入ると、『ちびまる子ちゃん』(1990年)、『きんぎょ注意報』(1991年)といった「少女漫画原作アニメ」が大ヒット、翌1992年の『美少女戦士セーラームーン』は世界的に大人気となった。そして、その成功を元に多様な作品が誕生し、1993年頃から本数が激増した。ここに来てようやく、「少女漫画原作アニメ」は商業展開モデルを確立したともみえたが、1995年頃から視聴率の低迷や売上不振に陥る作品が出始め、玩具の販促を目的とする「少女漫画原作アニメ」が衰退している。2000年頃からは地上波の全日帯アニメ枠そのものが減少傾向である点もこの状況に拍車をかけている。特に本ジャンルにとっては、全国放映の2枠((『セーラームーン』などを放映していたテレビ朝日系の土曜枠と、『カードキャプターさくら』などを放映していた、NHK衛星第2放送の火曜18:00枠)が消滅した影響は大きい。結局『セーラームーン』の成功を以てですらシリーズ毎に対象年齢層が下がり、小学校低学年以下の女の子(女児)と男性ファンのみが残る有様であり、小中学生向け以下の少女を対象としたアニメでは一定の年齢以上の少女に向けた文化の担い手の位置へ押し上げる事はできなくなっていった。 2000年代に入ってからは、『快感フレーズ』(1999〜2000年)をきっかけに少女漫画原作アニメも深夜に放映されるようになる。2005年より、フジテレビにおいて主にF1層を意識した展開を図るアニメ枠『ノイタミナ』が現在まで放映され、ターゲットも小中学生から(一般的にアニメを見る機会が少ないと言われていた)高校生・成人女性中心となる。また、2006年には日本テレビの『animo』枠及び、AT-Xの『アニメ女子部』といった『ノイタミナ』と同様の層を意識したアニメ放映枠が設けられている(ただし、『animo』は『NANA』一作で潰えている)。こういった情勢から、そのファン層に少女をも巻き込んだ『ハチミツとクローバー』、『NANA』、『ラブ★コン』といったヒット作が生まれ、特に『のだめカンタービレ』に至っては2007年現在ファン層を女子小学生にまで広める成功を治め、これらの成人女性をターゲットとした作品群は好調といえ、本来の層に向けた作品群に期待が寄せられている。 逆に中学生未満の層のみをターゲットにした作品群は先の作品群にファン層が吸収される形で需要が後退し、『わがまま☆フェアリーミルモでポン!』や『きらりん☆レボリューション』など小学校低学年や幼児といった低年齢層(女児)をメインターゲットにしてアニメ化される作品も発生している。この状況は主に未就学児童に対する『おジャ魔女どれみ』、『ふたりはプリキュア』といった「女児向けオリジナルアニメ」のヒットとも平行して起こっており、これらは少女漫画における年齢層の二極化と同時進行している。 [編集] 販促方法や販促商品の変化 『ママレードボーイ』『ふしぎ遊戯』(第1期)『花より男子』など一昔前の作品ではアニメ版の対象年齢を原作より切り下げ、現在の「女児向けオリジナルアニメ」と同様にほとんどが玩具会社などとタイアップをしていたが、アニメ会社における製作の都合[1]や、玩具会社におけるマーケティングの都合上、最近ではこのジャンルのアニメから、玩具(テレビゲームは除く)・文房具といった子供向け商品の販促が絡むような作品が減り、現在では『きらりん☆レボリューション』や『しゅごキャラ!』など低年齢層向けの作品に限られる。 このジャンルの玩具展開は1991年の『きんぎょ注意報』と翌1992年の『美少女戦士セーラームーン』で定着したと言われているが、その後は商業的に不振に陥った作品の方が多くなり、『セーラームーン』並にヒットした作品は現在に至るまで発生していない。[2][3]。 小中学生向けの作品の不調と入れ替わるように、中高生向けにおいては1997年に『少女革命ウテナ』と『CLAMP学園探偵団』を皮切りに一部のアニメやOVA作品と同じくDVDビデオ(1999年頃まではLD)の販売や有料放送、ネット配信など映像商品の売上で制作費を捻出する作品が現れ、スポンサー企業の幅も広くなり、この形式でアニメ化される作品の総数は年々多くなっている[4]。DVDビデオ再生機器やレンタルDVDが普及した現在では『NANA』や『ハチミツとクローバー』シリーズなどアニメオタクではない普通の女性にはよく支持されるが、アニメオタク層には人気が薄い作品もこの形式でアニメ化されている。また、ここ数年は小中学生向けの作品でも、『愛してるぜベイベ★★』や『かみちゃまかりん』などのように玩具ではなく、原作漫画や音楽CD、映像商品(DVDビデオ等)などの販売に軸足を移すものが生じている。ただし、玩具のスポンサーが付かずに苦肉の策でこのような販売形式を取った作品も多く、アニメそのものの需要の少ないことなどが影響し、商業的に成功した作品はまだない。 [編集] 脚注 ^ 低年齢向け作品の原作として用いられる小中学生向け少女誌は全て月刊のため、ストックの問題からも完全オリジナルの方がアニメスタッフにとっては製作するときの自由度が高く、原作者に支払う版権使用料が掛からない分だけ製作コストが安く、『おジャ魔女』以降、完全オリジナル作品が中心になっていったこと。 ^ 2004年以降は『プリキュア』シリーズが2歳〜8歳ぐらいの女児には好調であるが、それ以上の少女はほとんど取り込めていない。 ^ 再評価が少ないとされる『セーラームーン』以降の作品であるが、本放映時の視聴率が振るわなかった『満月をさがして』はCSでの再放送後、視聴者からの反響が強く、放映終了から2年目に新作音楽CDがリリースとされるという異例の展開が行われている。 これとは逆に、『カードキャプターさくら(クロウカード編)』は1999年〜2000年に『(さくらカード編)』の本放送並びに『(クロウカード編)』のNHK教育テレビでの放送(事実上の再放送)、2004年に『(クロウカード編)』を再々放送をした時に、バンダイが『セーラームーン』と同様に玩具を販売したが、これといった成績を上げることはできなかった。そのため、2006年に再々放送された『(さくらカード編)』では玩具はリリースされなくなっている。 ^ OVAにおいては1987年頃の『闇のパープル・アイ』のミュージックビデオ発売以来、1988年の『妖精王』を筆頭に1993年まで『花とゆめ』原作の作品が連作されている。1998年の『彼氏彼女の事情』ではアニメオタクの男性だけではなく、一般層の女性もターゲットとし、DVDビデオなどの映像商品のターゲットが一気に広がり、高校生以上向けの女性にもアニメの需要があることを証明した。その後も『マリア様がみてる』シリーズが好セールスを記録した。 [編集] 関連項目 女児向けアニメ 少女漫画関連アニメ作品の年代別一覧 女性向けアニメ 少女漫画 少年向けアニメ 魔法少女 魔法少女アニメ ノイタミナ アニメ女子部 inserted by FC2 system